kituonnkokufuku

吃音はこれまで精神的な緊張に起因する症状と理解されてきました。状況によっては、だれにでも起こりうるという理解でした。

しかし、1990年代には、吃音になりやすい体質があるということが統計的に解明されてきて、吃音に関連する遺伝子も見つかりました。その後2000年代には脳神経の機能不全によつ症状であるという見解も示されました。

 

しかし、そのどれもが吃音の決定的な要因となっているわけではなく、吃音者によってその要因は様々です。吃音は発達障害なのかどうかを考えるときには、こういう広い視点が必要になるのです。

一口に吃音は発達障害だと言い切ってしまうことはできませんし、吃音者が自分は発達障害であると落ち込む必要もありません。

吃音症は発達障害:コミュニケーションの一つ

kituonnkokufuku

そもそも発達障害とはどういうものかというと、脳の機能が何らかの理由によって先天的に異常をきたしている状態のことで、言語や認知、社会性などの様々な分野で機能低下を示すものです。

アメリカ指針医学会が示した精神障害師団統計マニュアル(DSM)では発達障害を以下のように分類さしています。

 

  1. 知的障害
  2. コミュニケーション障害
  3. 自閉症スペクトラム
  4. 注意欠陥・多動性障害
  5. 特異的学習障害
  6. 運動障害
  7. 他の神経発達障害

 

この分類の②コミュニケーション障害の小分類に、「吃音、小児期発症の流暢性障害」という記載があります。つまり、このDSMの分類に従うと、吃音症という診断には狭義の発達障害という意味も含まれているということになります。

現実的にも、吃音症という診断名で障碍者手帳を取得することが可能ですし、少なくとも公的な枠組みとしては吃音は障害として認められる症状であるということがわかります。

 

しかし、吃音者の中には、「吃音は障害じゃない。サポートが必要な病気と認識しないでほしい」などという考えを持つ方もいます。

確かに、人によっては吃音の出る特定の場面以外は普通に暮らすことができるというのが吃音の特徴ですし、吃音を障害として認定することの難しさがここにあるのだと思います。

 

ただ、世界的な分類に則って言えば、吃音はコミュニケーション障害という発達障害の下位分類ということになります。

小児と大人の吃音で考え方は異なる

吃音は「発達性」と「獲得性」という2つに分類することができます。吃音の9割が発達性と言われており、幼児期に発症するタイプになります。国や言語による発症率の差はないといわれており、体質や家庭環境どが要因の一つと考えられています。

 

一方で、大人(10代後半から)になってから神経学的疾患や大きなストレスなどが原因で発症する吃音が獲得制の吃音になります。獲得性の吃音になった方の中には、それまでは何の不自由もなく暮らしていた方も大勢いますが、そういう方も発達障害と言えるのかというと、それは微妙ですよね。

 

特に当サイトをご覧になっている方々は、大人の吃音者がほとんどだと思うので、そういう意味では「あなたの吃音は障害ではなく、改善できるただのくせです」とするのが正しい理解かもしれません。

吃音症は発達障害:そう捉える必要はない

kituonnkokufuku

狭義では吃音は発達障害という分類になりますが、普段からそのことを意識する必要は全くありません。吃音者は、知的障害や自閉症のように四六時中その症状とともに生きているという感覚はないはずです。吃音がでない言葉、シチュエーションは誰にでもありますよね。

 

むしろ、これは障害なのだと認識してしまうことで、吃音に対する悪いマインドフレームが強まり、吃音の改善から遠ざかってしまう可能性もあります。

知識として発達障害の分類を知っておくのは良いことですが、自分の症状を障害だと思い込みすぎないようにしてください。

 

▽▽サヨナラ吃音!
自信と笑顔に満ちたあなたを取り戻す方法

吃音症は発達障害:障害者手帳はデリケート

kituonnkokufuku

吃音を障害と捉え、障害者手帳をもらうかどうかという問題は、非常にデリケートな問題です。これは、吃音に対する考え方が、吃音者の中でも大きく異なっているからです。

例えば、吃音を障害なんて思わずに普通の人と同じように扱って欲しい、就職などが吃音のせいでうまくいかないから障害者手帳をもらうことで平等を実現して欲しい、というようなものです。

 

今回は、吃音で障害者手帳を取得可能なのか、という問題について触れていきます。

この問題を考える中で一つの大きなポイントとして、吃音を身体障害とするか、精神障害とするかというものを取り上げていきます。

吃音は身体障害か?精神障害か?

吃音は、ある特定の言葉を発する時にうまく声に出せない症状を指しますが、これを身体的な障害とするか、精神的な障害とするかで取り扱い方が全く違ってきます。

 

ちなみに、厚労省の正式な見解として「吃音は精神障害である」とされています。そして、身体的な障害として障害者手帳を貰えば、精神的な障害者手帳を持っているよりも受けられる控除が多いです。また、過去に吃音を身体的な障害として扱うよう裁判が起こされたこともありますが、結果は覆りませんでした。

 

しかし、障害者手帳を申請する際の診断書を作成する病院に吃音に対する理解があれば、便宜上併発している他の疾患名を障害のメインとすることで身体障害者手帳を取得することができる場合があります。

 

逆に、吃音に対する理解がない病院に行ってしまうと、「軽度の吃音では障害者手帳を取得することができません」などと突き返されてしまう場合がありますが、軽度の吃音でも障害者手帳を申請することは可能です。病院選びは慎重に行いましょう。

吃音症は発達障害:障害者手帳について解説

kituonnkokufuku

実際に障害者手帳を申請する前に、吃音で障害者手帳を取得するうえでのメリットとデメリットを押さえておきましょう。

大きなメリットとしては、税などの控除が受けられること、就職に関しても障害者枠での採用になるのでハンディが少なくなることが挙げられます。それに加えて、吃音は無理に克服しなければならないような病気ではないということを自覚できることも大きいです。

 

ただ、逆に言えば、吃音は別に障害ではないと考えている人からすれば、自分は障害者であるという証拠となってしまうので、気持ちの行き場を失ってしまう可能性もあります

また、障害者枠での就職では給料が抑えられてしまう可能性が高いので、もし仕事を行う上での能力が不足していないのならば、それは不当な給料になっているということです。

 

加えて、普通に話すことができる時間もある吃音者の場合、周りから「都合の良いときに障害者として暮らしている」などという見当違いな批判を受けてしまうこともあるということは自覚しておきましょう。変にひけらかすようなことは無いようにしなければなりません。

軽度の吃音で取得の必要はない

私の見解を述べさせてもらうのなら、軽度の吃音であれば障害者取得の必要はないと思います。障害者手帳を持ってしまうと、自ら就職の範囲の可能性を狭めてしまうことにもなりかねないですし、せっかくの能力も正当な給料で評価されることがなくなってしまいます。

 

本当は改善するはずの吃音症状のせいで、そういった環境に自ら身を置いてしまうというのはとても勿体無いことです。まずは当サイトの手法を取り入れながら、吃音の改善に取り組んでみてください。

 

ただその結果、どうしても吃音症状のせいで生活に支障が出てしまうというのなら、その時には障害者手帳の取得も一つの選択肢であるということを思い出してください。

 

吃音症は発達障害:障害者手帳を取得したい

kituonnkokufuku

吃音は障害ではなく、改善できる脳のくせというのが私の考えですが、トレーニングの結果が出ずにいつまでも改善の兆しがないと嫌気も差すでしょうし、「いっそ障害者手帳をもらえたら」と考えてしまうこともあるでしょう。

 

実際、吃音で障害者手帳を取得して生活を送っている方もたくさんいます。厚労省の見解では、吃音という診断を受けた方の多くは、「会社には勤めることはできるが、周囲の理解を必要とする」という精神障害の3級にあたるとしています。

 

身体障害としての障害者手帳の取得はほとんどされていないというのが現状ですが、吃音を身体の障害と考える方もおり、裁判で争ったという事例もあります。

 

障害者手帳を取得すれば、税金の控除や障害者就職枠の利用など、便利なこともありますので、この機会に一度障害者手帳の取得の流れを確認しておくのも良いでしょう。

障害者手帳を取得する流れ

吃音症で障害者手帳を受け取る方法について順を追って説明していきます。

まずは最寄りの市町村役場の障害福祉担当窓口で障害の診断書の用紙を貰います。この用紙を指定医に記入して貰い、再び障害福祉担当窓口に交付申請書と写真を一緒に提出します。このとき、印鑑やマイナンバーも必要になります。

 

その後、診断書の照会や障害等級の認定などに1ヶ月から1ヶ月半ほどかかり、受け取りという手順になります。

また、古い診断書では受け付けて貰えない場合もありますので、半年以内の診断書を用意すると良いでしょう。ちなみに、このときの診断書をコピーしておけば障害年金の申請にも使えます

吃音症は発達障害:医師によって対応が異なる

kituonnkokufuku

障害者手帳のポイントとしては、必ず指定医による診断書が必要ということです。指定医とは、道や県で指定された特定の医師のことで、病院ならどこでも良いというわけではありません。

まずは、この指定医のいる病院を探しましょう。障害福祉担当窓口でも一覧で照会できるので、診断書の用紙を貰う際に問い合わせておくとスムーズです。

 

ここで気をつけて欲しいのは、指定医にもそれぞれ専門の分野があり、その中でも吃音に理解のある指定医は少ないということです。酷い場合には、「軽度の吃音では障害者手帳の取得は出来ない」などと突っぱねられることすらあります。

吃音で障害者手帳を取得できないなんてことはなく、きちんと認められた権利ですので、そう言われた場合は話の通じる指定医を探しましょう。

 

また、医師の診断を受けることなく自己診断で、この程度では障害者手帳の申請は無理だろうと諦めてしまう吃音者の方が多いのも事実です。軽度の吃音であっても、医師の診断を受けることで障害者手帳の申請は可能ですので、まずは一度指定医を受診してください。

障害者手帳を申請することは悪ではない

常に吃音が出るわけでもないしと、障害者手帳を申請することに後ろめたさを感じてしまう吃音者も多いです。周りからは吃音であることを責められているような気持ちを持ちながら、それでも障害であることを公的に示すことのできないジレンマに苦しめられているのは、辛いですよね。

しかし、吃音で障害者手帳を申請することは決して悪いことではありません。

 

障害者手帳を受け取ることで今まで抱えていたモヤモヤが晴れ、気持ちが楽になる人も沢山います。役場への申請や指定医の受診などの手間はありますが、お金などのハードルはありません。あなたの意思一つで、障害者手帳の申請、取得は可能です。

吃音を向き合う手段の一つとして、障害者手帳の取得という方法もあるということは覚えて置いてくださいね。

吃音症は発達障害:どもりは一般的に障害

kituonnkokufuku

科学や医学がまだ発達していないひと昔前は吃音やどもりは親の教育の問題とされていましたが、現代ではある程度科学的に解明されており、脳の機能障害や構造の問題が原因の一部ではないかとされています。これはつまり障害の一種であると認められているということです。

 

どもりや吃音のきっかけは感情的なストレスや極度の緊張状態ですが、この状態を抑制したり軽減するための機能が非吃音者ようにうまく働かないということなのですね。

しかしこのように障害であると考えることは本当に正しいのでしょうか?

障害者だと自覚するとマイナスになる

どもりや吃音によって日常生活に大きな差し支えがあれば、障害者手帳をもらうことが可能ですから、法的な意味でもどもりや吃音は障害として扱われているのですが、これをそのまま受け取ってしまうことは吃音者にとってマイナスの効果しかないと思われます。

 

非吃音者であれば多少のどもりや吃音が出てしまっても気にせずにその後流ちょうに話し直すことができますが、吃音者にとってはどもりや吃音が出てしまうことが非常に重大な心理的ストレスとなってしまいますから、どもっている自分を強く意識してしまいさらにどもりや吃音がひどくなっていきます。悪化が進めば言葉がまったくでなくなる場合もあります。

 

このような心の問題を踏まえると、どもりや吃音が障害だという事実はさらに吃音者の心を苦しめてしまう要因になってしまいかねません。

しかもどもりや吃音は手足が不自由などの一見して分かりやすい障害ではありませんから、周囲からの理解を得られにくくまた悩みを軽視されがちでもあります。

 

このような自身の内面の問題と、それを周囲に理解してもらえないことによる孤立がますますどもりや吃音を大きな悩みにしてしまい、その上で障害であると考えてしまうとその悩みはなおさら深くて大きなものとなってしまいます。

吃音症は発達障害=不幸という方程式を覆す

kituonnkokufuku

どもりや吃音が障害であると考えてしまうとマイナスなのは、障害がすなわち不幸なものであるという先入観にあるのです。

確かに障害を抱えた人は日常生活のささいなことにまでハンデがあるわけですから、その一面だけを切り取ってみれば不幸であると考えても無理はないのですが、障害があるからといってその人が不幸な人生なのかはまた違う話ではないでしょうか。

 

ですから安易に障害=不幸という考え方には意味がないのですが、どうしてもどもりや吃音を抱えた人はその苦労の連続で心が疲れてしまっていますから、物事を後ろ向きに受け止めてしまいがちです。

このような心にはどもりや吃音が障害であるという事実はマイナスにしかなりませんよね。

 

目指すべき理想としては障害ではあるけれでも前向きに捉え直して、一つの個性であると考える方が精神的には健全ですし、何よりどもりや吃音を必要以上に恥ずかしいもの悪いものと考えにくくなれます。

コミュニケーションの障害は非吃音者

どもりや吃音が非吃音者にも起こることがあるように、実はコミュニケーションの障害も非吃音者であってもあり得ますよね。

会話による意思疎通に必要なのはお互いがコミュニケーションを取ろうとする姿勢であって、必ずしも明瞭で流ちょうな発話ではないはずです。母親が言葉を喋れない赤ちゃんの気持ちがわかるように、お互いが理解し合おうと思っていれば自ずとコミュニケーションは成立するはずなのです。

 

ですが吃音者は自身のどもりや吃音のせいでうまく伝わらないのだと考えがちで、ますます人前で冷静に話すことが困難になってしまうのです。

これを障害だからだと捉えてしまってはどもりや吃音を改善するのは無理になってしまいます。このような考え方を大きく前向きなものに変化させなければなりません。

 

▽▽サヨナラ吃音!
自信と笑顔に満ちたあなたを取り戻す方法