子供が急にどもりだしたと思ったら、自分の名前が言えなくなったり、挨拶が出来なくなってしまったり、どんどん吃音症状が出てくることに焦ってしまう親は多いです。

 

とは言え、病院にかかるほどでもないだろうしと、「力を抜いて話してみたら」とか「そんな話し方だと友達に馬鹿にされるよ」という風に、普段の悪事を窘めるようにしつけをする場合があるのですが、これは逆効果です。

 

子供の吃音は完全に無自覚であることが多く、それは駄目なことだといくら教えても、何が悪いことなのか理解が困難なのです。子供の立場からすれば、「何もしていないのに怒られている」というストレスだけが溜まっていくことになってしまいます。

吃音をしつけで直そうとするのは非常に危険なことであるということを覚えておいて下さい。

吃音子供治す:親が認識を変える必要がある

kituonnkokufuku

吃音をしつけようとするということはつまり、親が「吃音は悪いこと」であると思っていることに他なりません。まずはこの認識を親が変えなければならないのです。

そもそも子供の吃音症状の始まりは、環境や性格ではなく脳の問題で、誰が悪いということは一切ありません。成長の段階で増えすぎた言語情報を脳が処理しきれず、口がついてこないというのが子供の吃音なのです。

 

そのため、放っておけば脳の成長に伴って99%の吃音は改善されると言われています。そもそも、変にトレーニングを受けさせる必要はないのです。逆に、トレーニングを受けさせたり、しつけたりするそのストレスが、吃音を悪化させてしまうとも言われます。

 

子供は吃音をしつけられることで「自分には欠陥があるのだ」という認識を植え付けられ、人と話すことに不安を感じ、社交性が失われてしまうのです。実際、吃音が大人になるまで直らなかった方は、そういった吃音を責められた環境で過ごしてしまったという例が多いです。

周りからのストレスを受けやすく感受性が強いという共通点もありますが、始めはやはり吃音に対する周りの対応がきっかけなのです。

子供に自信を持たせる環境づくり

子供の吃音症状を改善に向かわせるには、とにかく現在の子供を認めてあげて自信を持たせる環境を作ることです。親が自分の子供に吃音を欠陥だと感じていると、その気持ちを必ず子供は見透かし、傷ついてしまいます。今の子供で完璧なのだと心から思い、子供を優しく見守ってあげましょう。

 

吃音があるのに何もしないというのは、親からすればもどかしく、一番難しいとは思いますが、それが最も吃音の改善には効果的なのです。吃音の改善トレーニングには、時間がかかりますし、ある程度吃音に対する客観的な理解が必要です。

 

これを子供にやらせようとするのはなかなか難易度が高く効率が良くありません。大人になってそれでも吃音が改善しなかったときには、そういった改善トレーニングの介入を考えるべきですが、子供の吃音は子供自身の成長で自然に改善させてあげるのが一番良い未来を過ごせるはずです。

子供の吃音は自力で克服していくもの

子供の吃音は、子供自身が成長の段階で乗り越えていくべき課題です。親の無闇な介入は少なければ少ないほど、改善しやすいと言えるでしょう。子供を褒め、言葉に詰まっても待ち、そして愛してあげることで、子供は自信を持って言葉を発することができるようになります。

 

吃音を持っていたらいじめられるのでは?と不安に思う親も多いとは思いますが、いじめの原因になるのは吃音ではなく、吃音によって失われた自信による「非社交的」な姿勢です。吃音の症状があっても自信を持った態度で発言し、積極性のある子供には絶対にいじめは起こりません。

子供を信じて何もしないという親の覚悟が、子供の吃音の一番の特効薬ということなのです。

 

▽▽サヨナラ吃音!
自信と笑顔に満ちたあなたを取り戻す方法

吃音子供治す:原因はしつけだけではない事実

kituonnkokufuku

子供の吃音は、ある日急に発現します。統計学的には、吃音のおよそ40%で、1日~3日のうちに発現すると言われています。いきなり現れた子供の吃音に驚き、原因を調べると「親の厳しいしつけが原因である」ということがヒットしてショックを受けてしまう親も多いです。

 

しかし、子供の吃音は、その全てが親のしつけが原因であるというわけではありません。むしろ最近では、吃音の始まりに親のしつけは関係がないとまで言われています。

また、吃音は「吃音症」と呼ばれており、病気とは区別されています。最初は気になるかも知れませんが、あまり気負いすぎないようにしてください。

自然に改善されていくケースがほとんど

まず子供の吃音において知っておかなければならないのは、子供の吃音症状の始まりは脳の未発達が原因であることが多く、ほとんどが成長とともに自然に直っていくということです。

大人になるまで吃音症状が直らないのは、わずか1%程度と言われています。

 

そのことを知らずに、子供が吃音を起こす度に「止めなさい」などと注意をしてしまうと子供は吃音が悪いことなのだと感じ、今度は精神性の吃音症状が出るようになってしまいます

精神性の吃音症状は脳の成長とは無関係なもので、周囲の環境によっては吃音に対する悪い印象ばかりが積み重なってしまうことでさらなる吃音の悪循環を生み、なかなか改善しづらい厄介な吃音症として大人になっても付き合って行くことになってしまう可能性も出てきます。

 

また、子供は吃音の症状を無自覚であることがほとんどなので、吃音に対する罪悪感のようなものは全くありません。従って、子供の吃音症状で大切なのは、現在の子供の症状を認めて暖かく認めてあげることです。

親の対応一つで、子供の吃音のその後が大きく変わってしまう可能性があることを自覚して、自然に改善に向かうまで見守ってあげましょう。

吃音子供治す:症状には波があることを知る

kituonnkokufuku

子供の吃音は、成長段階の中で頭の中に急激に増えた語彙情報に口がついて行かないという症状の現れです。脳が正常に成長していく段階でそのギャップは埋まるので、子供の吃音症状は自然に治まります。

しかし、裏を返せばまた同じように語彙情報が増えてくると、再び吃音の症状が出ると言うことでもあります。

 

つまり、幼稚園に入園したり、学年が上がったりするような環境変化のタイミングなどに合わせて吃音症状にも波があるということを知っておきましょう。

「直ったはずなのにまた吃音が…」などという風には考えず、間違っても子供を責めたりしないようにしてくださいね。子供の吃音は、成長のステップにおける自然な症状でもあるのです。

吃音が悪いことだと思ってはいけない

親が吃音を悪いものだとして子供に接していると、折角成長とともに直るはずの吃音症状が余計に酷くなってしまうことがあります。子供の吃音はしつけが原因であると言われているのは、これが理由です。

 

子供の吃音を改善したいと思ったら、まずは親が吃音に対する悪い印象を無くす必要があるのです。そして、子供が言いたいことを言えるまでしっかり待ってあげる暖かい心を持ちましょう。周りの子供と比べて焦る気持ちも分かりますが、親がヘタにトレーニングをしようとすると逆効果になってしまうことが多いです。

 

どうしても自然改善を待てないという場合は、専門の医療機関を受診して正しいトレーニングを受けるようにしてください。吃音の専門医や言語聴覚士のいる施設は限られていますが、きちんと実績のある病院で無ければ吃音が悪化してしまう可能性もありますので、病院選びは慎重になさってください。

吃音子供治す:症状を正しく理解し対応する

kituonnkokufuku

子供に「お、お、お、おかあさん」のような吃音症状が出てしまうと、多くの親は驚きとショックを受けると思います。もっと落ちついて話しなさい、ゆっくり話しなさいというアドバイスをしたくなるのは分かりますが、その前にまずは吃音という症状について正しい認識を持っておきましょう。

 

吃音は、見た目には口がうまく動いていないように見えるので、口や喉、舌の障害かと思われがちですが、実は脳の働きがおぼつかないことが原因です。そのため、いくら話し方や呼吸法を教えても、根本的な改善には至りません。脳を成長させるには、子供の成長を待つ、つまり時間が解決するしかないということなのです。

 

その間にヘタに怒ったりしてしまうと、子供は話すこと自体に恐怖や嫌悪を結びつけて記憶してしまい、どんどん言葉が出なくなってしまいます。焦らずに、子供の成長を待つということが、親が出来る一番の改善方法です。ただ、その待ち方にもテクニックがいくつかあるので、紹介させていただきます。

子供の吃音症状が出た時に親ができること

まず一つは、子供の発言に対する注意などの干渉を止めると言うことです。

子供からすると、吃音が出る度にいちいちなにか言われるのはストレスになってしまいます。もし子供が「お、お、おかあさん」などとどもりながら話したとしても、それには全く反応せずに「なに?」と応えるようにしましょう。

 

どこかで聞きかじったような、「最初に、えっと、をつけて話してみて」のような改善方法を指導するのはもっての外で、ストレスになるだけで無く、子供の話し方が自然なものから遠ざかってしまう原因にもなってしまいます。

二つ目は、発言以外にも厳しいしつけを止め、子供の緊張を取り除くことです。

 

子供の感受性は、大人の比ではありません。大人からすればちょっと注意しただけのことでも、子供にとっては深刻な場合もあり、そうしたストレスから自分の気持ちを押し殺すようになってしまうこともあります。

吃音の原因の一つに、そうした精神的な抑圧というものもあるのです。子供が自由に気持ちをはき出せるよう、家族全員で子供への愛情をふかめ、緊張を取り除いていくことが大切になります。

 

吃音子供治す:家庭環境を意識するだけで改善

kituonnkokufuku

今紹介したような家庭での改善テクニックでも、実に6割の子供の吃音が改善されたというデータも有り、きちんと効果は実証されています。

逆に、どこか病院に連れて行かなければいけないのではないか、注意すれば直るのではないかと親が改善に積極的に介入するほど、吃音が定着してしまうと言われています。

 

家庭での改善を図る際のポイントとしては、家族全員で思いを共有するということです。お母さんだけが取り組んでも、効果はありません。お父さんも吃音に対する正しい認識を持ち、兄弟がいるならこの子にも理解させる必要があります。

特に子供は人と違うことをすぐに指摘する性質を持っているので、「〇〇の喋り方を真似したり注意したりしちゃだめだよ」ときちんと言い聞かせておく必要があります。

子供の吃音は自然に改善していく

子供の吃音は、99%が大人になるまでに改善されるという統計的な事実があります。

ずっと直らない発達異常なのではないか、将来いじめられるのではないか、という不安は一度忘れて、まずは子供の吃音を暖かく包み込む家庭環境を作ることに専念しましょう。

 

直接的なトレーニング無しに本当に改善するのかと疑いたくなるかも知れませんが、吃音症状は「いかに吃音であることを忘れさせるか」が一番の改善法なのです。

注意したり話し方の指導をするということは、その改善法とは真逆の行為であるということは分かると思います。本人も周りも、吃音を意識しない時間をたくさん過ごすのが、なにより良いことなのです。

吃音子供治す:2~3歳で発症する発達性吃音

kituonnkokufuku

2歳から3歳になると、たくさんの言葉を覚えて家族との会話のコミュニケーションが楽しくなってきて、親も嬉しくなると思います。そんなある日、子供が突然言葉に詰まったり、変に伸ばしたりしているのに気づいて、違和感を覚えるということもあるかもしれません。

 

ちょうど2歳から3歳の時期は、覚える言葉が急激に増え、それを言葉にする脳の発達が追いつかなくなってしまうことがあり、それが吃音として出てしまうことが多い時期なのです。

 

吃音になりやすいと言われる潜在的な性格や環境要因が原因と言われていますが、具体的なきっかけもなく出始めるのが発達性吃音の特徴で、原因も詳しくはよくわかっていないです。

急な吃音に戸惑いを感じてしまうのも仕方が無いですが、子供を責めたり、厳しくしつけをしたりしてはいけません。

初期症状には波があるので注意

発達性吃音は、徐々に進行していきます。そして特徴的なのは、症状に波があるということです。しばらく吃音の症状が出ていたと思ったら、急に症状が落ち着き全くどもらないという時期に入ります。

ここで直ったのだと早合点するのはよくありません。この症状が出ていない時期は、発達性吃音の持つ症状の波の範疇だからです。

 

いずれその波のインターバルが短くなり、ついには常に吃音症状が出続けてしまうということになりかねません。多くの親は、この常に吃音症状が出るようになってから異常だと認識して病院へ行きますが、この状態からの改善は容易ではありません。

 

波がある初期の内に吃音症状に気づき、病院などで適切なトレーニングを受けると改善されやすいと言われていますので、子供の発言の様子には注意しておきましょう。一旦吃音症状が治まったとしても油断は禁物です。

吃音子供治す:素人には判断が難しいと理解

kituonnkokufuku

3歳頃の子供は、言いたいことを言葉にする練習をする期間でもあるので、スムーズに言葉が出ないと言うことは当たり前とも言えます。一度言葉に使えたからこの子は吃音だ、などとは当然言えませんし、その吃音とただのつかえとの境界線を素人が引くのは正直困難と言えるでしょう。

 

3歳児には3歳児なりの発言レベルがありますので、言葉につかえるからといって異常があるわけではなく、その一般的な発言レベルと比べて大きくかけ離れているかどうかというのが大事なのです。自分の子供が吃音かも知れないと感じた際には、一度言語聴覚士のいる医療機関へ足を運んでください。

 

これは正常な範囲のつかえですよと聞けば安心もできますし、もし異常があるならすぐに改善トレーニングを始められます。子供の将来のためにも、自分一人で抱え込むことは止めましょう。

遺伝や環境のせいだと自分を責めない

子供の吃音が発覚すると、しつけが悪かったのでは無いかと自分を責める方も多いですが、3歳児くらいの吃音の原因はしつけのせいではありません。自分を責めている親を見た子供は、「自分に欠陥があるのでは無いか」と傷ついてしまいます。

子供の吃音は誰のせいでもないので、まずはその症状を正面から受け止めてあげましょう。

 

専門家のアドバイスを受けながら生活していけば、成長していく段階で徐々に改善されていくケースがほとんどですので、あまり気落ちせずに明るく過ごしましょう。

間違っても子供に厳しくあたったり、自己流のトレーニングを押しつけたりすることは止めてくださいね。

吃音子供治す:どもりのきっかけは2~3歳?

kituonnkokufuku

どもりや吃音は心理的なストレスが原因で起こるものですが、それではそのきっかけはいつなのでしょうか?

 

どもりで悩む人は幼いころからの場合もあれば青年期で起こる人もいてまちまちなのですが、青年期で起る「獲得性吃音」は脳障害や脳損傷などの外的なストレスで発症するケースが多く、幼少期の2~3歳ころに発症する「発達性吃音」とは別の種類とされています。

「発達性吃音」はおよそ5歳ころまで続く場合が多いですが、90%は自然に治っていくとされています。

 

しかし中には「発達性吃音」が治らずにそのまま成長してしまい、吃音者のほとんどがこのパターンに当てはまるということです。

2~3歳ころの吃音には明確な原因がない

「獲得性吃音」は主に脳の病気や外的ストレスが原因と考えられますが「発達性吃音」には明確な原因がないとされています。

 

心理的なストレスをまだ理解できない2~3歳の子供ですから、大人のどもりや吃音のように心の問題というのは考えにくいですが、それでも生まれ持った体質などの遺伝的要素や、周囲の人間との人間関係といった環境要素などが複雑に絡み合って起きているのではないかという説明は一応あります。

 

どもりや吃音が人間が持っている自然な障害、つまり感情の起伏に起因するものだと考えるならば、確かに2~3歳の外界に対する好奇心で一杯な時期であれば感情と発話がシンクロしやすいと言えるので幼少期に起こってもおかしくはないですよね。

5歳ごろまで吃音が続くようであれば要注意

幼児の吃音はもともとたどたどしい会話しかできない時期ですから、障害なのかどうなのかの判断が非常に難しく、素人にはまず不可能だと思います。

しかも幼児のどもりや吃音は波が激しく昨日と今日で全然違うような場合も多々あり、気のせいだと考えてしまいがちなのですが、これが5歳ころまで続くようでしたら注意が必要です。

 

言語聴覚士がいる施設や住んでいる地域の保健センターに紹介してもらうなどして、言語聴覚士に相談してみることをおすすめします。

ここで問題があると判断されれば早期の吃音ケアを受けることができるからです。

 

環境指導や直接指導などで滑らかに話す体験や滑らかな会話を聞かせることにより、どもりや吃音が出ない発声や話し方を体験させて次第に普通の話し方へと導いていくのです。

吃音子供治す:2~3歳のどもりを自宅でケア

kituonnkokufuku

もし幼児がどもりや吃音を起こした場合、自宅でのケアが非常に大事になってきます。

大人の吃音者の心理的なストレスの大部分は吃音を意識しすぎることでより吃音やどもりが出てしまう負のスパイラルから抜け出せないことなのですが、その端緒になるのが幼児期の吃音やどもりへの親の反応だと考えられます。

 

子供はおそらく自身の吃音やどもりに対して特に意識はしていないはずですが、親の方が意識しすぎて神経質になることで、その感情が子供の方に伝染してしまう恐れがあります。

 

ですから子供の発声や発話がおかしいなと思っても、それを指摘して子供に意識させたり言い直させたりしないように、よくよく親の方で気を付けなければなりません

 

あまりにも何度も指摘されたり言い直させられたりすることで子供が自身の話し方を意識し始めると悪いスパイラルが発生してしまいかねません。

 

ほとんどの2~3歳が起こす吃音は一過性のものでしかありませんから、それを子供に意識させないでリラックスして思いのままに話せる環境を作ってやるようにすると、自然と吃音は無くなっていくはずです。

 

どうしても幼児の親は他の家の子供と我が子を比較してしまいがちですが、出来る限りそのような感情を抱かないように注意して子供を見守ってやることが大切です。

 

▽▽サヨナラ吃音!
自信と笑顔に満ちたあなたを取り戻す方法