kituonnkokufuku

発達障害の中でも大きく区分すると自閉症の一種であるアスペルガー症候群とどもりには他の発達障害とは違って関連性があると言えます。

 

他発達障害は症状が顕著でありそれによって周囲の理解から社会との間にワンクッションおいた生活が行えるものですが、アスペルガー症候群は障害を持っていることの判別が難しいほど一見してそのようには見えないという特徴があるので、40歳を超えて初めて自分がアスペルガー症候群だと知ったという人もいるほどです。

 

ですから自身でも自覚しないまま障害を持った状態で社会生活を送ることになりますから、障害によるコミュニケーションの問題から対人において極度のストレスや負担を感じてどもりや吃音を発症してしまう例も少なくありません。

吃音どもりアスペルガー:症候群の特徴とは

kituonnkokufuku

アスペルガー症候群とは自閉症スペクトラム(ASD)の一種であり、広汎性発達障害の一つで、統計上は100人に1~2人の割合で発生、女性よりも男性の方が多いという特徴があります。

自閉症の一種ではありますが知能の低下、言語の遅れなど顕著な症状が見られず、ただ社会性やコミュニケーションに特異性があるとされています。

 

まず最初の特徴として人の感情や気持ちを読み取ることができない、会話での言葉選びがその場にそぐわないという傾向があり、ここにコミュニケーション能力の欠如がみられます。周囲からは「空気が読めない」「自分勝手」という印象を持たれがちになります。

これに付随するように相手の立場を考えるといった想像力の欠如も症状としては顕著で、前述したマイナスな印象をさらに助長させる要因となっています。

 

しかしアスペルガー症候群の人は特定のものへの興味やこだわりが非常に強く、その興味対象への集中力や記憶力は常人からは想像もできないほどのものを発揮することがあります。

これらの知識や集中力を応用するといった面では想像力の欠如から問題が多々ありますが、概して高い能力を見せることから逆に障害を持っていることが周囲には認識しがたいというアスペルガー症候群の特徴と言えます。

アスペルガー症候群とどもりの関係性

アスペルガー症候群の特徴はどれも他の発達障害よりも目立ちにくく「ちょっと変わった人」程度の範囲に収まっているので、本人やその親、周囲の人間にも障害があることがわかりにくいため、ほとんどの場合そのまま大人となり社会生活を行うようになります。

 

しかし内面的な障害によって対人関係の構築に難がありますから、徐々にその社会性の低さによってコミュニケーションの欠如によるトラブルを起こすようになり、これらが対人へのトラウマ、恐怖心となることでどもりや吃音の症状が出てくるようになります。

 

最初から障害をもっていることを自覚していればコミュニケーションの面でも工夫することが出来たりするのですが、自覚がないために大きな問題になりやすく、また自覚がないゆえに必要以上に自分を責めてしまう傾向が強く、どもりや吃音の症状も悪化しやすいと言えます。

アスペルガー症候群とどもりは同時に改善できる

このように併発しやすいアスペルガー症候群とどもりや吃音ですが、逆に考えるとこれらは同時に改善していくことも可能と言えます。

どもりや吃音を改善することで対人への恐怖心を無くすことができれば、アスペルガー症候群の問題を改善することにも繋がるということですね。

 

吃音の問題を改善することで自身の心に余裕がもてるようになりますし、自身のアスペルガー症候群への理解も深まり、他者への気遣いや配慮という社会性を学べるようになるのではないかと思います。

元来知能や知識の面では問題がないのがアスペルガー症候群の特徴で、むしろある種の面では優秀な人が多いので、問題点がクリアになることが大切なのかもしれません。

 

▽▽サヨナラ吃音!
自信と笑顔に満ちたあなたを取り戻す方法

吃音どもりアスペルガー:発達障害の一種?

kituonnkokufuku

世間で認知が進んでいる発達障害ですが、これとどもりや吃音は関連があるのでしょうか。どもちらも幼児期にみられ、これが自然と治らない場合に障害として残っていくという特徴がありますね。

 

DSM(アメリカ精神医学会が出版する精神障害の診断統計マニュアル)によりますと、発達障害の中で有名なADHDや自閉症と並列して分類されるコミュニケーション障害の下位に位置しているのがどもりや吃音による障害となっています。

 

それでは発達障害に関する知識とそれらとの比較でどもりや吃音について考えてみましょう。

発達障害のひとつ、ADHDとは

昨今世間的に有名になってきているADHDですが、これは日本語で言えば「注意欠如・多動性障害」と表現されます。

必要な場面で必要な集中や注意が行えず、意識が散漫になりがちで本人は非常にストレスを感じる症状で、衝動的な行動を抑制することができず日常生活に支障をきたす場合も多々あります。

 

この説明でもわかるようにADHDはまさに子供の性質と酷似しており、それが大人になっても発現してしまうために社会生活を困難にさせる障害です。

 

脳機能の部分的な問題がこの障害に繋がっているとされますが、認知は進んでいるものの理解は進んでおらず、まだまだしっかりと世間に説明していかなければならない発達障害だと言えます。

ただ障害の内容としてはどもりや吃音に関連性があるようには思えませんね。

吃音どもりアスペルガー:自閉症について

kituonnkokufuku

広範囲発達障害として分類される自閉症は古くから認知されている発達障害の一種で、言語や理解、認知面での発達の遅れが認められる状態をさす障害です。

 

人との関わりを苦手とし意思伝達が上手く行えず想像力の欠如があるなど社会性を保てない状態で、コミュニケーション能力を獲得することに大きな障害があるのが自閉症です。

多くの場合自閉症は知能の低下が認めらるものですが、知能低下を伴わない自閉症は特にアスペルガー症候群と呼ばれています。

 

ADHDと同様に脳機能の問題が原因として考えられていますが、逆にいえば親のしつけや成長環境に影響されることが少ないと言えますので、その点で悩む親御さんのためにもしっかりとした理解が広まることが求められていますね。

どもりや吃音は発達障害の一種として分類される

発達障害の有名なものについて説明してきましたが、どもりや吃音はこれらと同列に扱われるコミュニケーション障害の中の一つとして分類されています。

関連性があると言える部分はどれも脳機能の問題によって引き起こされる障害だというところと他者とのコミュニケーションに問題を抱えるというところですが、その他のところでは吃音者には発達障害と言える部分はほとんどありません。

 

ですので医学的な分類上は同列ではありますが、同種の発達障害なのだと言ってしまえるほどのものではないように思えます。

ただ自閉症の場合はコミュニケーション能力の欠如によって、どもりや吃音が併発していることがあるので、まったくの無関係と言い切るのも難しいところではあります。

 

また発達障害の初期の兆候として吃音が表れる場合もあり得ますから、その点で注意が必要ではあります。

そして脳機能の問題によって引き起こされる点でも共通するように、これらの障害は先天的なものが端緒となっているので、発育環境や親のしつけの問題が原因と考えるのはあまりに雑な捉え方となってしまいます。

 

ただどもりや吃音の場合、その症状を悪化させる要因として周囲の無理解や親の神経質な反応が問題とされますので、発達障害も含めてそれがその子の個性の一つだという認識を踏まえた寛容な心で受け入れてやる必要があると思います。

 

吃音どもりアスペルガー:他の発達障害と併発

kituonnkokufuku

子供の吃音は発達障害であると分類されていますが、実はそれ以外にも学習障害やADHD、自閉症などの発達障害が併発して起こりやすいという特徴があります。アメリカの研究では、吃音症の子供の51%にそれらの他の発達の遅れが見られたと言います。

 

また、吃音症の方の約4割がその後に社会不安障害になるとも言われています。逆に、ほかの発達障害の症状の一環で吃音が出ることもあります。そういう意味では、吃音者を取り巻く問題点としては、吃音だけでは決してないと言えるでしょう。社会的な支援や周りの配慮が必要になることもあると思います。

吃音だけの改善で良いのか

自閉症やADHDと吃音が併発してしまった場合、その改善は吃音だけの場合と比べると難しくなります。トレーニングに非協力的になっていたり、無気力になっていたりなどすることも珍しくありません。そんな中、吃音を改善しようと躍起になっても、なかなか上手くはいきません。

 

また、自閉症やADHDなどの発達障害の改善を図るのは、一般的には困難であると言われています。現在自分や子供のおかれた現状を冷静に考えて、吃音の改善に取り組むべきなのかどうかを選択する必要があると言えるでしょう。

吃音どもりアスペルガー:薬物の使用・効果

kituonnkokufuku

ADHDなどの発達障害には、薬物での治療が行われることがあります。

 

実は、それらの薬は吃音にも効果がある場合があります。効き目は個人差がありますし、現在「吃音」という症状に対して処方される薬はありませんので、あくまで副次的な効果で吃音改善効果が見られる可能性があるというだけです。またガイドラインもないので、処方は完全に医者のさじ加減一つになりますので、ご注意ください。

 

また、抗うつ系の薬も、吃音に効果があるとして処方されることがあります。吃音は、言葉を発することに対する不安が原因なので、抗うつ剤で不安を除去することで一定の効果が得られるということです。しかし、ただ薬の効果で無理矢理気持ちを落ち着かせているだけなので、薬が切れれば元通りですし根本的な解決にはなりません。

 

したがって、薬による吃音の解消は持続性もなく、むしろ薬物に依存する形にもなりかねないので、吃音のために薬を飲むのはあまりおすすめできません

もちろん、他の発達異常のために薬を飲んでいるということであれば吃音改善の副次的な効果は、存分に利用すると良いでしょう。

障害者手帳取得という選択肢

自分の子供に吃音などの発達障害の症状が出たときに心配になるのは、やはりその子の将来のことだと思います。周りの普通の子供と比べて苦労するのだろうかと不安になるかも知れません。

 

そんなときに選択肢の一つとして知って置いて欲しいのは、吃音などの精神的な発達障害でも、きちんと手続きを踏めば障害者手帳の取得が可能であるということです。詳しくは住んでいる自治体の役場で説明が受けられます。基本的には、役場で診断書の様式を受け取り、指定医のいる病院で診断書を記入してもらい、それを役場へ提出することになります。

 

障害者手帳があれば、吃音という健常者にはわかりにくい症状でも本当に生活に支障をきたしているということの周りへの証明になりますし、税金の減額や就職でも一定の枠が設けられるなどのメリットがあります。

 

もちろん、障害者手帳は障害者であるという証という見方もできるので、人によっては取得に後ろめたさを感じることもあるかと思います。しかし、障害者手帳を取得するかどうかは置いておいて、賢く生きるためにこういった制度を利用するというのも選択肢の一つであることを親御さんは知っておくべきだと思います。

吃音どもりアスペルガー:障害者だという認識

kituonnkokufuku

吃音は精神性の障害であるという認識が厚労省の専門官から出されてからすでに1年が経過しました。確かに、吃音は正しい手順を踏めば障碍者手帳を取得することができることからわかるように、制度の中では障害という位置づけにあります。吃音者の中にも、自分の症状を障害だと認めてほしいと思っている方も多いです。

 

しかし、実際に吃音者のことを障害者だと思っている人は少ないです。非吃音者からすれば、どもりなんて障害でもなんでもないというのが現実なのです。だからこそ、会社や学校などでも「ちゃんと話せ」などの無遠慮な言葉をかけられてしまうということです。

 

吃音者が吃音を克服するポイントは、この「吃音が障害である」という認識を捨てることから始まるのです。

吃音が出ても開き直る

言葉がうまく出なかったらどうしよう、変に思われるのではないかという不安が、大人の吃音の原因です。発声器官の訓練をいくら積んだとしても、肝心の精神面の改善が図れなければ吃音の改善はなり得ません。

 

そこでおすすめなのが、中村しょうさんの開発した吃音改善メソッドのMRMプログラムです。MRプログラムでは、「吃音とは何か」を理解して自己管理するパラダイムシフト編、実際に発話の恐怖を減らすトレーニングを行うマインドシフト編の2本立てで吃音の改善を目指します。

 

「吃音の改善は吃音であることを忘れることである」という理念がもととなっていて、実際に吃音改善の効果が認められているメンタルリハーサル法をアレンジした独自トレーニングが公開されています。

 

またMRMプログラムは吃音の重症度に関係なく改善が見られるということも特徴で、吃音に悩む方にはぜひ一度挑戦してほしい教材です。正しく継続すれば、吃音なんか別にどうでもよいじゃないか、という解放された気持ちになれるはずです。

吃音どもりアスペルガー:MRMプログラム

kituonnkokufuku

現在、吃音の教材はたくさん存在しています。一体どれを試せばよいのか悩んでしまうということもあるでしょう。また、これまでたくさん試してきたけど裏切られてきたという方も多いでしょう。

 

しかし、MRMプログラムはそれらの教材とは一線を画しています。まず、吃音改善の効果が見られないと判断した場合、メール1本で教材の費用が全額返金されます。なぜ返金してほしいのかの理由や、実際の進捗状況を証明する必要もありません。

 

さらに、購入した教材の返却も必要ありません。ただ、90日間の継続が条件となっているので、教材購入後90日後から30日間という返金期間の制限はあります。とはいえ、ここまで返金のハードルが低い教材は他にはないでしょう。

 

もし効果がなくても確実に返金してもらえるということは、あなたにとってこのMRMプログラムを受けるデメリットが一つもないことを意味しています。

売り逃げる詐欺まがいの教材ではありません。吃音者を一人でも多く救いたいという思いが、このMRMプログラムにはあふれています。

多くの吃音者がMRMプログラムに救われた

MRMプログラムの公式サイトには、MRMプログラムで吃音から解放されたたくさんの方からの喜びの声が公開されています。それを読むだけでも、希望が湧いてくると思います。

中には数十年という長い間吃音に悩まされてきた方も改善したというケースもあります。吃音改善に、手遅れはありません。思い立ったその日が、治療を始めるべき1日なのです。

 

ぜひ、あきらめずに吃音改善に取り組んでほしいと思います。

当サイトからなら、MRMプログラムに限定特典付きで購入できるので、さらにお得に始められます。一緒に、吃音を障害と思わない生き方をしてみませんか?

 

▽▽サヨナラ吃音!
自信と笑顔に満ちたあなたを取り戻す方法