どもりや吃音を発症するきっかけとなるのは心理的なストレスだとされていますが、これはわかりやすく説明するためで、厳密に言うときっかけはストレスですが、問題となるどもりや吃音を実際に引き起こしているのは身体的な反応なのです。

 

ですからどもりや吃音を改善したり克服したりするためには、ストレスに関する理解が必要だと言えます。

単純にストレス=どもりという公式で考えるのではなく、一歩踏み込んでストレスとはどういうものなのかも考えていきましょう。

どもり ストレス:根本的な仕組みを理解する

kituonnkokufuku

ストレスというものには2つの脳内分泌液が関わっています。「アドレナリン」と「コルチゾール」です。

 

アドレナリンは有名な興奮物質で、感情を爆発させる働きがありますが、コルチゾールはそれを抑える役割を持っています。アドレナリンの分泌によって興奮することで心理的なストレスが発生するのですが、コルチゾールがしっかりと抑えてくれるのであればそれは一時的なものとなり、ストレスはすぐに鎮静化するのが正常な流れと言えますね。

 

このバランスが崩れてアドレナリンに対してコルチゾールが足りない場合、これはもう感情の激しい動きや興奮を抑えることができない状態ですから、つまりもっとも理性や言語を司る働きが低下して吃音やどもりを出しやすい状態であるということです。

どもりとストレス・吃音の関係性

激しい怒りや興奮を表現する言葉に「はらわたが煮えくり返る」という言葉もありますし、慢性的なストレスによる影響は胃や腸などに出ますが、このようにストレスの根本はお腹の方にあるんです。

というのも前述したアドレナリンはお腹のあたりで大量に生産されて、それが脳まで上ってきて興奮状態を生み出すので、つまりストレスを強く感じるのはまずお腹のあたりということなのです。

 

このアドレナリンが脳まで上がっていく過程で身体の中を通りますが、この影響から強いストレスや興奮は身体の各所に極度の緊張状態を引き起こします。

これによって筋肉が反応したりお腹が力んだりといった状態が生まれ正しい発話を阻害することで、吃音やどもりが出るということなんです。

 

ストレスが生み出される心理状態がどもりや吃音の引き金なのは間違いないですが、結果としてどもりや吃音は身体的な反応によるものだということです。

ストレスは生物の危険センサー

このように良くない影響ばかりがクローズアップされるストレスですが、これは生物にとっては大切な危険センサーの役割も果たしています。

つまり嫌な記憶に結び付けてストレスを感じることで、生物はそれを避け逃げる行動を起こし危険を遠ざけることができるのです。

 

ですからストレスによるどもりや吃音も心理的な作用に端緒を持ってはいますが、原理としては非常に生物的で、会話によるコミュニケーションを自身にとって危険なものと認識することで生まれているのですね。

この場合の危険とはどもりや吃音によって上手なコミュニケーションが行えことを「恥ずべきこと」と記憶していることで、それが自我にとって危険なものだと考えているということです。

 

ですからどもりや吃音を改善する場合にはコミュニケーションそのものを、ストレスによる危険信号が発生するようなものだと認識してしまうこと自体を止めなければならないのです。

このように考える際に役に立つのは客観視を身につけることだと思います。

 

どもりや吃音が発生し会話が上手く行えない瞬間に心の中で「今自分は恥ずかしい」と思うのではなく一歩引いて自分の状態を見るために「今自分は恥ずかしいと思っているだろうな」というように距離をとって考えることが大事です。

上手に当事者感をぼかして認識することで、これは危険なものではないと思えるようになり、したがってストレスが発生することを抑えることができるようになるわけです。

 

▽▽サヨナラ吃音!
自信と笑顔に満ちたあなたを取り戻す方法

どもりストレス:周囲の人にうつるものなのか

kituonnkokufuku

子供頃にふざけてどもりを真似た話し方をしていると親に「真似してたら本当にどもりが出るようになるよ」と言われたことがある人はいませんか?

悪ふざけをたしなめるための方便だとは思いますが、実はどもりの本質をついた言葉でもあるのです。

 

どもりや吃音を持つ人の周囲にいる人の中で、突然どもりや吃音が出るようになってしまうことは割合よく起こることなのですね。

ですが どもりや吃音は病気ではなく障害なのに、まるで伝染病のように人にうつるということがあり得るものなのでしょうか。

どもりを持つ人の症状がきっかけとなる

どもりや吃音が出るようになる原因の一つに周囲の環境がありますが、この環境の中にどもりを持っている人がいた場合、無意識でいたどもりという事象が現実的なものとなるわけで、いやでもそれを意識してしまう結果になります。

 

これによって元々どもりや吃音が起こる体質であった人がどもり始めるきっかけになってしまうのです。どもりや吃音は意識したときから始まると言われていますが、この意識するというきっかけが周囲の環境にいるどもりをすでに持っている人なわけです。

 

ただここで気をつけて欲しいのは、そもそもどもりがうつってどもり始めてしまう人というのは、たまたまどもりや吃音が発現していなかっただけできっかけさえあればどもりや吃音が出ていたであろう人だと言うことです。

つまりどもりはうつることがあるのは確かですが、本当に伝染病のように無差別にうつるわけではないということです。

 

ですからどもりを持つ人をことさら避ける必要はないですし、仮に自身どもりになったとしてそれは自分がどもりや吃音になりやすい体質だったというだけのことなのです。

どもりストレス:恐怖のイメージを植え付ける

kituonnkokufuku

またどもりを意識することでどもりになってしまうほか、どもりが出ている人の姿を見て「自分もあのような話し方になったらどうしよう」という不安から強いストレスに発展してしまい、このような心理的な負担がきっかけとなるケースもあります。

 

この場合、どもりや吃音が恥ずかしいことであんな話し方で話すなんてしたくないという恐怖感が植え付けられることがきっかけですから、厳密に言えばうつるというのとは違うとは思いますが、広範な意味で言えばどもりがうつったと言っても差し支えないのではないでしょうか。

親からうつるという可能性

またどもりがうつるということで言えば、最もうつる可能性が高いのはどもりや吃音を持つ親の子供が親の話し方を真似してそのまま本当にどもりや吃音を持ってしまうケースがあります。

子供は無意識に周囲の言葉や話し方を聞いて自然と会話を習得していくものですが、このとき最も影響力を持つのは身近な存在の親ですよね。

 

しかもどもりや吃音の原因の一部に親からの遺伝というものがありますから、そもそもどもりや吃音が出やすい体質を受け継いでいる子供がどもりや吃音を持つ親と一緒に暮らしていればうつってしまうのも仕方のないことなのです。

親の方で極力真似をさせないように努める必要性がありますが、実際に防ぐのはかなり難しいものかもしれません。

 

ただこの場合であれば仮にどもりや吃音が出るようになったとして軽度で済ませることができるように、正しい発話や話し方をしっかりと教えておくことができますので、この努力次第ではそこまでひどいどもりや吃音にならないようにすることも可能ではあります。

 

ともあれ健常であるのにどもりや吃音という障害を持つ人の真似をするという行為そのものが失礼なことなのですから、そのような説明を教育の一貫として行っていくことが肝要ではないかと思います。

どもりストレス:頭の回転には関連性がある

kituonnkokufuku

どもりや吃音の原因として心理的なストレスや脳機能の障害などが挙げられていますが、頭の回転が良すぎることでもどもりが発生すると言われています。

どもりや吃音は一般的にある単語の先頭の音を繰り替えてしまうもので、言葉は悪くなりますが頭の回転が悪いというふうに見えてしまうものだと思います。

 

ですがこれは反対で、頭の回転が速すぎるために逆に言葉を発する方がついていけずどもるのだとされています。脳内での知能の働きと発話する身体の働きのタイミングがズレてしまうといったイメージですね。

それではこれらの関連性について詳しくみていきましょう。

頭の回転と言語機能のズレ

頭の回転が速い人は一般的に早口で物事を説明する傾向がありますが、これは頭の回転の良さによって瞬時に到達した答えがすでに脳内にあるために、結論までを急ごうとする感情故にだと言われています。つまり瞬時に結論までわかってしまっているものですから、そこまでの経路を順番に話していくのを面倒に感じて早口で急いでしまうという心理なわけです。

 

ですが吃音者の特徴である早口はどもりや吃音を起こしやすい話し方だとされていますから、頭の回転が良い人もどもりを頻発しやすいという結果になってしまうのです。

 

頭の回転というのは別の表現をすると閃きの力とも言えますよね。この閃きと言語や論理のバランスが崩れてしまうと、脳は答えを知っていてすでに閃いているのに、言語の方はその結論までまだ言えていないというズレが生まれてしまうということなのですね。

 

どもりストレス:頭の回転は優れた知性の証拠

kituonnkokufuku

どもりを生み出してしまう頭の回転の良さですが、これは前述したように閃きの力なのですが、閃きを生み出す下地として優れた観察力と感受性が必要とされます。

ですからどもりや吃音が出てしまうことで自己否定しようとしてしまいがちですが、実は非常に優れた頭脳を持っているということでもあるのです。

 

ただコミュニケーションのために必要な言語を操る脳の機能に若干の障害があるために上手く閃きと言語が繋がらないというだけのことなのです。

この部分はどもりや吃音を改善するために大切なところで、どもりや吃音で悩んでいる人は自身の価値を非常に低く考えておりそのことでより強く心理的なストレスを抱えているのですが、自身の能力は素晴らしいものだと考えることで自信を取り戻すきっかけにできると思います。

 

特にどもりや吃音を持っている人は感受性が高いので、より強く相手の気持ちに共感し読み取ることができるので、これを平易に表現するととても優しい人だということなのです。

頭の回転の良さとともにこの優しさも自己肯定するための材料になるのではないでしょうか。

頭の回転によるどもりを改善する

頭の回転の良さによってどもりが出てしまう場合は喋り方のトレーニングによって改善することができることもあります。

 

頭の回転の良さによる閃きで結論に到達してもそこまでの思考の経路がしっかりと組み立てられていないまま話し始めてしまうために、早く結論へ行こうと早口になってしまうわけですから、まずは会話に入る前に一呼吸おいたり自然な感じで深呼吸を行うなど、すぐさま発話しようとする動きを抑える意識が大事ではないかと思います。

 

また話し始めてからも無意識に早口になろうとしてしまうので、これを抑えるために抑揚やリズムを意識することも大切でしょう。

どもりや吃音の人は通常の会話には障害があるわけですが、実は歌うときにはどもりや吃音が出ないというのは有名な話ですよね。

 

ですから抑揚やリズムを意識することで早口になるのを抑えつつ歌うような気持ちになれれば、驚くほど劇的にどもりや吃音を改善できる可能性が高いと言えます。

どもりストレス:大人になってからの吃音

kituonnkokufuku

脳の発達の未熟が原因で起こる子供の吃音は、成長と共に症状が治まっていくのが普通です。しかし、大人になってから吃音になるというケースもあり、この場合は脳の発達が原因ではなく本人の性格や周りの環境が大きく絡んでいると言われています。

 

その中でも今回は、大人になってから吃音を発症する人の性格の特徴について紹介していきます。

大人の吃音の改善には、自分自身と向き合うことも大切なので、吃音になりやすい人の特徴を客観的に知っておくというのも必要です。この機会に、一緒に考えて見てください。

感受性が豊かすぎる人

吃音症状に悩む方の9割以上が該当すると言われているのが、この「感受性が豊かすぎる」という性格です。良くも悪くも非常に繊細で、人にどう思われているかが気になったり、些細な失敗をいつまでも引きずってしまったりするのが特徴です。ちなみに心理学では、そういった感受性が豊かすぎる人をHSP(Highly Sensitive Person)というカテゴリに分類しています。

 

吃音は、話すことへの嫌悪感が強ければ強いほど出やすいという特徴があります。人に変に思われるのではないかと思ってしまうのは、よくありません。また、過去のミスをいつまでも忘れられないというのも、吃音症状を助長することに繋がってしまいます。

 

ただ、感受性が豊かであるといことは良い面もあります。人の気持ちを考えたり共感する能力に優れているということは言うまでもありませんし、その優れた想像力が芸術の面で発揮するというケースもあります。吃音者が芸術家や作家として才能を見出されることは珍しいことではありません。

 

また、吃音は「優秀者病」とも呼ばれることもあります。吃音になりやすい人は、能力が高いということが周囲に理解されている証拠でもありますよね。「自分なんて…」とネガティブになってしまう人ほど吃音になりやすいので、自分の性格にも良いところがあるということは、客観的に理解しておくべきでしょう。

職場や学校でのストレスを吐き出せない

大人になってから吃音になってしまう原因の一つに、過度なストレスというものがあります。最初はただ少し噛んでしまっただけのはずが、それをいじられたり笑われたりすることで噛むことへの恐怖心が強まってしまい、その結果吃音として発症してしまうというものです。

 

例えばそのストレスも、家で家族に吐き出す時間があったり、友人と遊びながら楽しい時間で塗り替えたりできていれば、吃音という形では発症しなかったかもしれません。

 

日本人には性格的に愚痴をあまり言えるタイプではないという方も多いですが、一人で抱え込み続けるというのはよくありません。信頼できる誰か一人でも良いですから、日々のストレスを適度に発散できる場を作れる関係があるというのが望ましいです。

吃音である自分を責めるほど症状は悪化する

一番良くないのは、吃音である自分を責めてしまうことです。

「上手く話せない自分が悪い」「こんな自分なんて駄目なやつだ」などと自分を責め自信を失ってしまうと、吃音の症状はどんどん悪化していきます。

 

吃音になりやすい性格というものは確かにありますが、その性格も見方を変えれば長所も沢山あるのです。今は吃音で悩んでいるかもしれませんが、吃音とその性格の正しい向き合い方を身につければ、魅力的な人物になれることは間違いありません。

 

MRMプログラムでは、吃音への正しい認識を段階的に学ぶことができます。吃音というものを客観的に理解できる大人にこそおすすめの吃音改善法になります。吃音は欠点では無いと思えるようになったときが、あなたの吃音症状の終わりです。ぜひ、MRMプログラムで吃音改善に挑戦してみてください。

どもりストレス:自分の症状を客観的に知る

kituonnkokufuku

どもりに無自覚な子供の吃音の場合、無理に吃音を自覚させようとすると逆効果になってしまうこともあります。しかし、大人の吃音の場合には客観的に自分の症状を知ることは大切です。

 

言葉を発することへの恐怖は、「いつ吃音が出るかわからない」ということが原因です。自分が一体どういうときに吃音が出るのか、どんな言葉が苦手なのかをきちんと理解しておくことは、その恐怖を和らげることにも繋がるのです。

 

今回は、吃音症状の簡単なチェックポイントをいくつか紹介していきますので、参考になさってください。ただ、軽度の吃音だから治りやすい、重度の吃音だから治りにくいということはありません。どの吃音も、等しく治る可能性があります。チェックの結果は、あくまで自分の状況を知るためにしかなりません。

チェックポイント①:軽度の吃音

軽度の吃音が、吃音者のレベルとしては最も割合が多いです。しかし、この軽度の吃音者の中には自分は重度の吃音であると思い込んでいる方も多いのが現実です。これは、吃音による失敗の苦い記憶のせいで、自分なんて駄目なやつだと思ってしまうことが原因です。

 

吃音の程度の目安としては、5%~10%程度と言われています。パーセントで言われてもピントこないという場合には、100語チェックや何かの文章を実際に読んで割合をチェックしてみるなどをしてみると客観的に評価出来ると思います。

 

また、非吃音者と呼ばれるような吃音意識のない人であっても、吃音率は2%前後あると言われています。そう考えて見ると、5%~10%の吃音なんてほとんど当たり前のレベルであるとも言えるでしょう。

実際に吃音率を算出してみることで、自分の吃音レベルが客観的にわかります。自分で自分の吃音を評価するとどうしても悪い方へ向かってしまいがちです。実はそんなにたいしたことの無い吃音であるということに気づけるかもしれませんよ。

チェックポイント②:中度~重度の吃音

吃音率が15%を超えてくると、中度~重度の吃音というレベルになります。

しかし、この吃音率の基準は専門家がきっちり計った場合の基準になります。例えば、大勢の人前では100%吃音が出てしまうということもあるとは思いますが、だからと言ってこの吃音が重度であるということにはなりません。目安としては、知らない人と初めて会話をする場面を想定するくらいが良いでしょう。

 

また、話しながらチェックするのは難しいので、まずは自分の話し声を一度録音して、チェックはそれを聞きながら行うというのがおすすめです。重度の吃音であったとしてもそれが治らないということではありません。吃音が重度であるということよりも、吃音のレベルがどれほどなのかをしっかり認識していない状態の方が良くありません。

結果にショックを受けるのでは無く、今の自分の自覚するという大切さを意識しましょう。

症状の重さは改善するか否かに関係ない

大人の吃音は、脳の認識一つで症状が大きく変わります。酷い吃音だとしても、その症状をしっかりと認識して受け止めることができれば、改善の第一段階はクリアです。

私自身も、何十年と悩み続けてきた酷い吃音の症状を、MRMプログラムを通して改善させることができました。症状が出ていた期間や重さは、吃音が改善するかどうかには関係ないと言えることを身を持って知りました。

 

重度の吃音だからと言って改善を諦めてしまうのは勿体ないです。そもそも、自分が重度の吃音であるということ自体が思い込みの可能性だってあります。まずは一度、自分の吃音状況を客観的に評価し、過大評価も過小評価もせずにその結果を受け入れましょう。

その上で、正しいレベルの改善トレーニングに取り組むのが正解です。

 

▽▽サヨナラ吃音!
自信と笑顔に満ちたあなたを取り戻す方法