kituonnkokufuku

医学的には吃音に分類があり、最初の音がうまく発せられない難発性吃音、言葉の途中で音を繰り返してしまう連発性吃音、音が伸びてしまう伸発性吃音という3つに分けられています。

 

難発性吃音は、この分類の中では最もポピュラーであり、そして最も悩む吃音症状でもあります。例えば挨拶をされたとき、多少つまずきながらでも挨拶を返す人と、挨拶を返すまでに時間がかかってしまう人では、少し受ける印象も変わってきます。非吃音者からすると、どもる感覚は理解できても、話したいのに言葉が詰まって出てこない感覚は理解しにくいからです。

 

今回は、吃音症状の中でも悩む方が多い難発性吃音について触れていきます。

吃音難発性:直りにくい=悪循環に陥りやすい

kituonnkokufuku

難発性吃音は、声が出ないかもしれないという予期不安のせいで、声帯が緊張して硬直してしまっていることで起こります。

大切なのは、もともと声帯に身体的な異常があるから声が出ないのではなく、うまく話せないかもという不安が声帯の動きにブレーキをかけてしまっているということです。

 

また、うまく声が出ないという失敗を繰り返すことでその不安の回路はより強固になってしまいます。最初は軽い症状だったとしても、失敗が繰り返されることで「また声が出ないのではないか」という不安が増大して症状が強く出るようになってしまい、悪循環に陥ってしまうのです。

 

難発性吃音の改善にはこの負のスパイラルからどうにかして脱却する必要があり、これが難発性吃音の大変なところなのです。

苦手な言葉は言い換えるのは逆効果?

難発性吃音の症状にも様々なものがありますが、中でも特定のフレーズや音が出てこないという症状に対して「言い換え」という改善方法がよく紹介されています。

同じ意味の違う単語を使う、ラ行がうまく出てこないならラ行を使わない言葉で話せばよい、といったものです。

 

確かに一時の対策にはなるかもしれませんが、これでは難発性吃音の根本的な改善には至りません。特定の音を一切使わずに話し続けることは現実的ではありませんし、例えば自分の名前や挨拶がうまく出てこない人ではどうしようもありませんよね。

難発性吃音の改善は、失敗への不安を無くす以外にないのです。

 

そのための一番の近道は、このサイトでも紹介している吃音を悪いことと考えないマインドフレームの構築です。詳しくは他のページで触れていますが、吃音というものに対して無関心になるということが究極の目標です。

吃音を意識して言葉を選んでいる間は、むしろ吃音の改善からは遠ざかってしまっているということを理解してください。

難発性吃音との付き合い方

矛盾しているようですが、難発性吃音を克服したいと考えているなら、難発性吃音の改善方法を詳しく調べて無理に実践するという行為はむしろ逆効果です。吃音の改善は、上手に話せるテクニックを習得するということではないからです。

吃音を忘れ、どもっても何とも思わなくなる精神状態を築き上げることが、吃音の本当の改善方法なのです。

 

歌っている間はどもらないでいられるなら、歌う時間をなるべくたくさん多く取りましょう。吃音を考えなくても良い時間を多く取ることで、いつの間にかあなたの吃音に対する不安は軽減されていきます。最近どもってないなと自覚することで、うまく話せないかもしれないという予期不安からも解放されるでしょう。

 

私の経験から導き出された難発性吃音との正しい付き合い方は、悩んだり無理に直そうと躍起になるのではなく、適度に距離を取りなるべく吃音のことを考えないようにするということだったのです。

これが実践できれば、吃音はきっと軽減されます。

 

▽▽サヨナラ吃音!
自信と笑顔に満ちたあなたを取り戻す方法

吃音難発性:どもり治療の種類について把握

kituonnkokufuku

どもりや吃音に関する悩みは非常に大きいものだと思いますから、とにかく何とかしたいという気持ちで一杯だと思います。

しかしどのような治療が自分に合っているのかをよく考えて選ばなければ、かえって逆効果になってしまうことも考えられます。

 

どもりや吃音は心の問題ですが、治療そのものがストレスになってしまうと心理的な負担が増大してしまい、どもりや吃音の症状を悪化させてしまうこともあり得ます。

ですからまずはどのような治療法があるのか、しっかりとした知識を身につけましょう。

会話のパターンを変えるアプローチ

一般的に吃音治療として広く行われているのは会話のパターンを変更して吃音やどもりが出にくいものにする治療法です。

 

吃音者の多くは口の動きや話し方にひとつの傾向があり、吃音になりやすい話し方をしているとされます。ですからこのパターンから脱却することでどもりや吃音が出にくくしようという狙いで行う治療ですね。

例えば大きな抑揚をつけるように意識することや、発話のスピードに緩急をつけるなどの方法です。

 

吃音者は話し始めるときにどもりや吃音が出ることを恐れて非常に大きな不安を抱えています。この不安や恐怖が心理的なストレスとなり吃音やどもりになってしまうのですが、会話のパターンに意識を向けることでこれを軽減することができます。

 

また吃音者の脳は感情と言語それぞれを司る部分のバランスが崩れており、特に言語の部分を会話の際にうまく活用できていないことが吃音やどもりに繋がっていると言われているので、発話に抑揚をつけるなどのアクセントを意識することで言語野を刺激するという狙いもあるのです。

 

根本的な心理面のケアが薄いですが、確実に効果が出ていると感じやすい治療法ですから、前向きな心を持つための端緒としては優れているのではないかと思います。

吃音難発性:薬による治療はどうなのか解説

kituonnkokufuku

吃音者の脳内では会話の際にドーパミンとセロトニンのバランスが大きく崩れており、感情を増大させて興奮状態にするドーパミンが過剰分泌されています。

そこでドーパミンを抑制できるセロトニンの分泌を助ける意味で薬による吃音治療が行われているのですが、これは専ら精神科でのどもりや吃音に対するアプローチとなっています。

 

会話の訓練よりも即効性が期待されますが、やはり薬なので副作用や依存が怖いという側面があり、慎重に医師と相談しながらの服用が必須と言えます。

薬を飲んでいるという事実が心理的なストレスを緩和してくれる場合もありますから、軽いどもりや吃音であれば自覚しやすい効果が期待できます。

 

ただしどもりや吃音の根本的な問題である心理面への働きがないわけですから、一時的なものになりやすく余りおすすめできない治療ではないかと思います。

心理面へのアプローチを強化した治療

上記した治療法はどちらも心理面の改善が不十分ではないかと思います。

どもりや吃音のきっかけとなる極度の緊張や心理的なストレスは、やはり精神面での改善がないと取り除くことは難しいと言えます。何故ならこれらを生み出しているのはどもりや吃音への嫌悪や不安、恐怖といったネガティブな思考だからです。

吃音難発性:どもりを改善するための考え方

kituonnkokufuku

どもりや吃音を引き起こす心理的なストレスはそのままその人の心を守るためのブレーキでもあります。

ですから心理的なストレスを取り除くだけの改善ではどもりや吃音を克服することは難しいと言えます。心理的なストレスを生み出している当人の思考の根本から方向性を変えねば意味がないからですね。

それではどもりを改善するために必要な考え方を見ていきましょう。

どもりや吃音は優秀さの証

どもりや吃音は恥ずべき障害であると考えていませんか?

上手くコミュニケーションを取れなくなるわけですから無理もありませんが、どもりや吃音は自己否定するほど人間として重大な欠点なのでしょうか。

 

実は世界的な有名人たちの中にもどもりや吃音を持っていた人が大勢います。ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン、マリリン・モンロー、ジュリア・ロバーツ、エミリー・ブラント、ウィンストン・チャーチルなどなど。誰もが知っている有名人ばかりですよね。このような有名人の中でもどもりや吃音を克服した人もいれば終生悩まされ続けた人もいますが、確実に成功者と言って差し支えないかと思います。そして多くが表現者として優秀な才能を持っていますね。

 

どもりや吃音のきっかけとなる極度の心理的ストレスは高い感受性によって引き起こされ、それだけ心の情動が豊かな証拠だと言えるのです。だから表現者として成功している人が多いのですね。

このように考えればどもりや吃音は精神的に繊細で優秀な証ではないかと思います。

 

吃音難発性:後ろ向きにならないようにする

kituonnkokufuku

どもりや吃音は非吃音者でも起こるものですし、前述したように心が豊かな証拠ですから、この点をしっかりと理解して前向きな気持ちになるように心がけましょう

心理的なストレスがきっかけで起こる吃音やどもりを必要以上に重大な欠点だと捉えてしまうと気持ちが後ろ向きになり益々どもりや吃音がひどくなってしまいます。

 

どもりや吃音を改善し克服するためにはまずポジティブな姿勢をとれるようになることがスタートです。気持ちが後ろ向きなままでは感情によっておこる吃音やどもりは絶対に改善することはできません。

克服しようという気持ちをもたない

どもりや吃音への正しい理解と姿勢が持てるようになったら次の改善は吃音やどもりを治そう、克服しようという気持ちを意識しすぎないことが大事です。

 

非吃音者でも感情が高ぶったりすると吃音やどもりが出ますが、非吃音者はそのようなことを気にしないですよね。落ち着けば普通に喋れるのが当たり前なのですから、たまにどもったりしてもちょっと噛んだなぁぐらいのことで、むしろ笑い話にしたりできるほどです。

 

彼らは吃音やどもりを必要以上に気にしません。このような意識で吃音者も自身の吃音やどもりを軽く流せるようにならなくてはなりません。

感受性豊かな吃音者は自身の吃音やどもりを非常に大きく受け止めてしまい、そのことでまた自身を否定し始めそれがさらなる心理的なストレスを生み、負の感情を拡大再生産してしまうことで吃音やどもりを克服できなくなってしまうのです。

 

ですから克服するために克服しよう治そうという気持ちを意識しないという、とても微妙な心理的バランスをとらなければなりません。

ずっと吃音で悩み続けてきた人には大変難しいことなのはわかりますが、前述したように吃音やどもりを恥じることを止め、むしろ自分の能力の高さの証明だと肯定的に受け入れることができなければ、改善し克服するということは不可能でしょう。

 

ですが逆に考えると難度の高い手術が必要なわけでもなく、副作用の強い薬を飲み続けるわけでもなく、自分の心の向きを変えることで克服できるのです。

できるかぎり自身の状況を前向きに考えるように心がけましょう。

吃音難発性:気持ちの切り替えで治るのか?

kituonnkokufuku

吃音を改善する方法は様々なところで取り上げられています。しかし、これが吃音の万能薬だ、といった方法はいまだに解明されていません。そのため、吃音に悩む方は、それらの多岐に渡る改善法をしらみつぶしに試している、というのが現状でしょう。

 

しかし、確実に効果がある方法は確立されていないものの、世の中にはその中の一つの方法で吃音症を改善することができた人がたくさんいるのも事実です。では、その吃音症が治った人と治らなかった人との違いはいったい何なのでしょうか。

これはずばり、「気持ちの切り替えができたかどうか」であると断言できます。

 

吃音治療のためには、いくつかの場面で自分の気持ち、価値観を切り替えることが必要になります。この切り替えがうまくいくかどうかが、吃音の改善のカギを握っているのです。

吃音の治療法は人によって異なる

吃音の症状は人によってかなり違いがあります。どういった場面で吃音が出るのか、どのような吃音のタイプなのか、言いにくい言葉はなんなのか、などなどです。

 

これだけ吃音の症状に個人差があれば、その吃音を改善する方法にも個人差があるのはむしろ当たり前と言えます。「この人はこの方法で良くなったのに、私は良くならない」ということにショックを受ける必要はないのです。

 

吃音改善には現在さまざまなアプローチが試みられています。その中のどれかが、きっとあなたの吃音にも合致するはずです。この方法は自分には合わないなと感じたなら、早い段階で気持ちを切り替えて、ほかの方法を試してみるというのがおすすめです。何がきっかけで吃音が良くなるかは、その人次第ということをまずは理解してください。

吃音難発性:改善するマインドフルネスとは

kituonnkokufuku

近年、吃音の改善に効果があるのではないかと注目されている「マインドフルネス」というものを紹介します。マインドフルネスは簡単に言えば瞑想のようなものです。該当する日本語がないのでニュアンスでの説明になりますが、「過去や未来ではなく、今に自分のすべてを注ぐ」というものになります。

 

過去の失敗のトラウマのせいで未来の発話への恐怖心を抱くことで起こる吃音という症状にとって、今に全神経を集中させるという精神状態は最も良いと言えるでしょう。

 

正式な手順もありますが、そんなものは意識する必要はありません。マインドフルネスのポイントは呼吸です。ゆっくり鼻呼吸を繰り返し、その呼吸に意識をすべて注ぐというだけで良いです。吸うときと吐くときの切れ目がないように、なめらかに呼吸をすることを意識してみてください。鼻の中を通る空気の道筋を感じるように、とにかく呼吸だけに集中して時間を過ごします。

 

これはただ呼吸をするだけですから、いつでもどこでもできます。

日々繰り返しているうちに、普段気にならない自分自身の存在を感じるはずです。その自分を客観的に感じる感覚が、マインドフルネスというものになります。

治らないという意識をなくす

様々な吃音改善法を試して、もう自分の吃音は治らないのだ、と諦めてしまっている方も少なくありません。確かに、大人の吃音はそう簡単に克服できるものではありません。しかし、その「諦め」という状態は、はすべての吃音改善法の効き目がなくなってしまう最悪の精神状態です。

 

たまたまこの方法とは縁がなかっただけだと気持ちを切り替えて、また新しい方法があったならそれに1から取り組むという姿勢が大切なのです。

 

吃音症を乗り越えた方たちは、この気持ちの切り替えを幾度となく繰り返して実現してきたのです。あなたの挑戦も、ここで終わりにしてはいけませんよ。

吃音難発性:万人に効果のある治し方はない

kituonnkokufuku

吃音に悩む方は、日々どうやったら吃音が治るのかということを考えて暮らしていると思います。ネットでも吃音症の治し方に関する記事は多く、様々な方法が紹介されています。

 

しかし、吃音症の治し方という甘美な言葉の響きに惑わされてはいけません。むしろ、その治し方があなたの吃音を悪化させることにもなりかねないからです。

 

厳しい言い方になりますが、現時点で確実な吃音症の治し方というものは存在していません。どれも、「この方法で吃音が改善した人がいた」という程度のものでしかありません。それを鵜呑みにして実践した結果吃音が良くならなかったとき、「私の吃音はこれでは治らないほど悪い状態なのだ」とショックを受けてしまうかも知れません。

 

そうならないためには、吃音の治し方は人それぞれに相性があるということを認識しておくことです。この認識は、吃音症と向き合う中で必須になります。

発声練習や呼吸法では治らない

吃音の治し方で紹介されることが多いのが、言葉の発し方に関するトレーニングです。歌うときには吃音がでることが少ないということを例にあげ、お腹に空気を溜めるように呼吸をしたり、腹式呼吸で発話するというものですね。

 

しかし、これも私にしてみれば疑問だらけの方法です。確かに歌う間は吃音がでない人が多いですが、逆に、歌うときにお腹に空気を溜めるように意識している人もほとんどいないのではないかと思います。

 

歌うときに吃音が出ないのは呼吸法を意識しているからではなく、発話という行為そのものに意識が向いていないからなのです。親しい人や独り言で吃音が出ないのもこれと同じ理由で、吃音が出るか出ないかは、話すことに対して意識が向いているかいないかが重要な点ということです。

 

話し方の訓練をするということは、話すことそのものに意識を向ける行為に他なりません。吃音を治すという目的からすれば、むしろ正反対の行為であるとも言えるでしょう。もちろん、「この訓練を積んだから自分は大丈夫だ」と思い込むことで吃音が改善するケースもあるでしょう。しかし、私からすれば話し方の訓練は諸刃の剣であると言わざるを得ません。

話すことへの不安や恐怖を無くす

吃音症の治し方のポイントは、いかにして話すことへの不安や恐怖を無くすか、ということです。大人の吃音を持つ方は誰でも吃音での苦い経験が記憶にあるはずです。その辛い記憶のせいで発話への恐怖を感じ、脳が言葉を発することに対してブレーキをかけてしまうのです。

 

しかし、吃音という症状はあまり周りからすると不自然なものではありません。なぜなら、人は誰しも噛む(どもる)からです。問題は、噛んだ後なのです。非吃音者と吃音者を分けるのはそこです。

 

非吃音者も噛むことがありますが、そんなことは別に変なことでもなんでもないので、そのまま続きを話します。しかし、非吃音者は噛むことへ異常なまでの恐怖感、嫌悪感を持っているので、噛んだ後に動揺しそのまま話を続けることができなくなってしまうのです。

噛んでしまうのでは仕方がないのです。まずはその事実を受け止めることが必要なのです。

吃音難発性:2ちゃんねるでの集まり??

kituonnkokufuku

インターネットが当たり前に普及している現代では、「吃音」という症状について調べることが簡単になり、同じような悩みを持つ方々が気軽にコミュニティを築けるようになりました。

 

巨大掲示板サービスである2ch(2ちゃんねる)でも、吃音という共通の話題をメインとするコミュニティが存在します。吃音で辛いということを正直に吐露できる場ということで、日々様々な話題が繰り広げられています。

 

その中では、吃音の改善方法について取り上げられることも多く、こうしたら吃音が良くなった、悪くなったというものが紹介されています。MRMプログラムについても例外ではなく、最近注目されていることもあり話題に上がることも多いです。

 

2chでは大抵の物事は批判されて終わりということが多いですが、このMRMプログラムについては意外と評判が良いのです。今回は、2chでのMRMプログラムの評判についてみていきます。

継続して挑戦すれば効果を実感できる

もちろん、MRMプログラムについて否定的な意見がないというわけではありません。しかし、反対的な意見のほとんどは「有名じゃないし信用できない」や「吃音は治らないと言われているし意味がない」というようなもの。つまり、MRMプログラムを実際に使ったことが無い人が言っているものがほとんどということです。

 

MRMプログラムを継続して行っている方は、「話しやすくなってきた」「間違いなく効果がある」というような肯定的な意見ばかりでした。やってみたけど効果が無かったという口コミは、驚くべきことにありませんでした。

 

また、MRMプログラムが向いていない人もいるというのもあります。MRMプログラムは(に限らずですが)、一朝一夕で吃音が改善する魔法のようなものではありません。理論的にステップを積んで行くことで、発話に対する不安や恐怖心を無くしていくというものです。飽きやすい人や、効果を信用できない人にはあまりおすすめできません。

 

また、吃音という症状をきちんと理解し、MRMプログラムに論理的に取り組むということが大切なので、子供の吃音にもあまり向いていないと言われています。公式サイトでも、15歳以上の大人の吃音に効果があると説明があります。

MRMプログラムは脳科学でアプローチ

MRMプログラムのメソッドは、気力や精神論という曖昧なものではなく、脳科学という客観的なデータに基づいたものになります。効果を信頼してしっかり継続すれば、一定の効果は間違いなく得られるでしょう。1ヶ月、2ヶ月と時間はある程度必要ですが、その間諦めずに続けて行くことが大切なのです。

 

少なくとも、舌の運動や呼吸法を身につける訓練をする時間があるのなら、絶対にMRMプログラムを取り入れた方が良いです。吃音は身体異常に原因があるという認識は既に世界中で否定され、そのアプローチでは治療効果が期待できないということは証明されています。

 

大人の吃音の原因は、どもりの失敗による辛い記憶です。脳科学のアプローチは、その記憶を嫌なもので無くすことで吃音を改善しようというものなのです。

返金保障つきのプログラム

昔は、「吃音」というもの自他があまり知られておらず、私自身もこのどもりの症状を奇病か何かかとおびえていたのを覚えています。

今でも吃音は巷で「治らない病気」とまで言われています。しかし、そんなことはありません。MRMプログラムなら、これまで改善が見られなかった吃音者の方でも何かしらの変化があるはずです。

 

また、MRMプログラムには返金保障があります。効果がなかったと思ったら、メール1本で全額帰ってくるのです。つまり、あなたにとってMRMプログラムへの挑戦にはデメリットが一つもないのです。

吃音に悩んでいるなら、とにかく一度挑戦してみてください。あなたのこれからの人生が一変するかもしれませんよ。

 

▽▽サヨナラ吃音!
自信と笑顔に満ちたあなたを取り戻す方法